SEOで上げやすいキーワードは検索結果を眺めて発見

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOしやすいKW

SEOしやすいキーワードを見つけるには

SEOを行う上で、検索上位を狙いやすいキーワードの探し方を知っておく方が良いです。

Twitterに書いた通り、検索結果にこれが多いキーワードはかなり上げやすいです。

・知恵袋とかのQ&A
・Wikipedia、コトバンクとかの辞書
・Weblio
・PDFページ

Twitterの投稿に書き忘れたのですが、
これに加えて、FacebookページなどのSNSページが検索上位に来る場合や、
同じドメインのページが3つ以上ある検索結果も上げやすいです。

SEO対策を今すぐやるべきキーワード条件4つ

ここで気をつけたいのは、SEO難易度が下がれば下がるほど、
検索ボリュームも同時に下がります。
ここは完全なトレードオフ。

ポイントは、以下の四つを埋めるキーワードかどうか。
冒頭に書いたのはSEOしやすいキーワードの見分け方ですが、
それが必ずしもSEOすべき(売り上げが立つ)キーワードとは限りません。

というわけで、以下は、SEOすべきキーワードの見分け方。

1. あなたのターゲットが検索したがるであろうキーワードで
2. かつ売り上げが立ちやすいと思われるキーワードで
3. あなたの競合が対策していないキーワードで
4. さらに冒頭のようなSEO難易度が低いキーワード

この4つ全てに合致するキーワードはSEOのブルーオーシャンです。
今すぐPCを開いてSEO対策を開始すべきです。

SEOすべきキーワード、まずは商標から探すのおすすめ

SEOすべきキーワードの傾向として、まず商標が上げられます。
商標キーワードってのは企業名、ブランド名、サービス名、商品名など。

例えばFXの取引所でマネーパートナーズって会社(サービス名)がありますが、
これを例に商標キーワードの探し方を見て見ましょう。
以下のような要領で色々と検索してみて、検索結果を眺めてみてください。

まずストレートにサービス名の「マネーパートナーズ」、
「マネーパートナーズ 申し込み」
「マネーパートナーズ FX」
「マネーパートナーズ 口座開設」
などは誰でもパッと思いつくと思います。

加えて、略称の「マネパ」でも同じ組み合わせを使えると思います。
あとはマネパなら今、乃木坂46、欅坂46とコラボしてキャンペーンやってるので、
「マネーパートナーズ 乃木坂」「マネーパートナーズ 欅坂」辺りもありえます。

商標以外にもSEOキーワードの探し方は色々ありますが、
サジェストを見たり公式サイトから拾ったり、
TVCMや雑誌広告から拾ったり、電車の中吊り広告から拾ったり、
Yahoo知恵袋や発言小町から拾ったり、
自分の頭の中で思いついたものを書き留めて見たり、
色々試して見てください。

これらの中で、上に挙げた4つを満たすキーワードを見つけられると良いと思います。

商標系キーワードを最初に勧めた理由は、企業が対策しきれてないから

ちなみになぜここで最初に商標キーワードを探してみる事を進めたかというと、
商標キーワードは穴場を見つけやすいからです。

商標キーワードって、本来はまず企業が対策すべきキーワードなんですね。
だけどその実態は、完璧とは程遠い企業がほとんどと思って貰って差し支えありません。
(SEO事業を持つ企業でさえも自社の商標キーワードには疎かったりしますので)

また、商標系キーワードで仮に公式サイトが1位でも、あなたが2位を取れば良いと言う話でもあります。